最新型の金融サービス|業務の流れを明確にできるワークフローを導入しよう

業務の流れを明確にできるワークフローを導入しよう

オフィス

最新型の金融サービス

IT

最新テクノロジーを駆使

最近、経済関連のニュースにおいて目にする機会の多い言葉に、フィンテックがあります。フィンテックは「金融(Finance)」と「技術(Technology)」を組み合わせて作られた造語です。最新のIT技術を駆使して、これまでになかったタイプの金融サービスを提供すること、またはそのサービスそのものを指す言葉です。金融サービスは、これまでもテクノロジーの発達によって進歩してきました。ATMやネット取引などはその代表的な存在ですが、これに対してフィンテックはさらに一歩踏み込んで、ITの力を借りて顧客の好みや要望に応じたさらにきめ細かなサービスを提供することを目指しています。注意が必要なのは、フィンテックは銀行や証券会社だけに関係するトピックスではないことです。時には一般企業や商店のビジネススタイルにも影響を及ぼします。

店頭決済や送金にも変化

現在提供されているフィンテックの具体例としては、人工知能を使った資産運用のコンサルティング、ビッグデータの分析に基づいた融資審査などがあります。一方、小売業やサービス業に関係するものとしては、スマートフォンを使った決済サービスや、仮想通貨による取引などがあります。このうち前者は、アプリケーションをインストールすることでスマートフォンをクレジットカードの決済端末にするというものです。クレジット伝票を起票したりサインを求めたりすることなく、端末をレジの読み取り装置にかざすだけで決済業務が完結します。一方、後者はネットワーク上で価値を持つ電子通貨です。両替の必要なく世界中に流通できるので、利用すれば国内外の送金事務がスムーズかつ低コストで行えるようになります。