業務の流れを明確にできるワークフローを導入しよう

女性

社内の流れを改善する

メンズ

流れを早くする

最近、世の中の変化は一昔前と比べて非常に早くなっております。そのため、企業活動においてもちょっと二の足を踏んだことが命取りになる可能性も考えられます。そのため、社内で出た画期的な案件については即決するくらいの姿勢が必要になってきます。それを実現する為には、ワークフローシステムを導入し、書類の流れや決済スピードを上げることが重要になってきます。ワークフローシステムとは社内の届出書、申請書、稟議書などを電子化し、決められた決裁ルートに従ってインターネットで決済を回していく仕組みをいいます。従来の書類決済といえば、紙ベースの書類を上司や役員が押印をしていくというものでしたが、これだと一人の長期不在によって書類の流れが滞ってしまい、迅速な決済にはつながりません。

導入のポイントとメリット

ワークフローシステム導入のポイントは、とにかく社内で何回も使用してみることにあります。会社の管理職や取締役の中にはパソコンが苦手という人が多くいますが、ワークフローシステム導入の時期であれば、全社員が初めてとなる為、他の社員と同じように何度も使用し、一から使い方を学んでいくことができます。ワークフローシステム導入のメリットは決済のスピード化につながるだけでなく、決裁者の処理スピードが上がる効果もあります。紙ベースの書類の場合、決裁者が在社していたとしても読むのが面倒くさいといった理由で放置されていることが往々にしてありますが、ワークフローシステム導入により社内に決済を迅速化する意識付けが生まれることで、各決裁者は否が応でも直ちに内容を把握して決済しなければならなくなるからです。

売上げた後の代金回収

ウーマン

企業間取引ではほとんどの場合、代金は送付した請求書に基づき銀行振り込みで支払われます。入金消し込みを行って取引先ごとの売掛金残高を管理しておく必要がありますが、請求書の宛名と同じ名義で振り込みがあるとは限らない点に注意します。

Read More

最新型の金融サービス

IT

フィンテックは、最新のIT技術によって実現した、これまでにない金融サービスのことをいいます。銀行や証券会社における業務はもとより、一般企業や商店の決済業務にも革新的な変化をもたらす可能性を秘めています。

Read More

大事な電話を逃がさない法

通話

電話代行業者は、企業等にかかってきた電話を取ることができない時に、自動転送機能を使って代理応答し、その内容を電子メール等で通知してくれるサービス事業者です。限られた人員で本業に注力している小規模事業者には特に便利な存在です。

Read More